誕生からそして今

※情報を整理中ですが矛盾点や確実ではない情報が含まれています。掲載されていない新しい情報やその他の情報などお待ちしております



1885年
明治18年

ジョージア州アトランタ市マリエッタ街107番地の二階家で、薬剤師ジョン S. ペンバートンは増血剤や咳止めのシロップなどを作っていた。

ソフトドリンクの開発にも取組んでおり、鎮静強壮効果の有る飲み物で「フレンチ・ワイン・コカ」の開発に成功


コカコーラ誕生の地

1886年
明治19年

5月頃:昨年開発した「フレンチ・ワイン・コカ」に改良を重ね、まったく新しいシロップを完成。

共同経営者であるフランク・M・ロビンソンの発案によりCoca-Colraと命名される

5月29日:地元の新聞紙 『アトランタ・ジャーナル』に掲載されたコカ・コーラの最初の新聞広告("Coca-Cola Delicious! Refreshing! Exhilarating! Invigorating!"(コカ・コーラおいしく! さわやかに! 軽やかに! 元気はつらつ!)

炭酸水をはじめて混ぜ合わせる(仮説)
(ジョン・G・ウィルクスが薬局で頭痛を癒すためにコカ・コーラを注文したところ、店員が水を加えるところを間違えて炭酸水を混ぜてしまい、それがウィルクスの頭痛をすっきりと治したのがきっかけで、一気に人気が爆発した)


製造販売を始め、アトランタ市最大の薬局「Jacobs` Pharmacy.」のソーダ・ファウンテン」で水や炭酸を混ぜ出されていて炭酸で割ったものが特に人気だった。1杯5セント
 
初年度販売量は約95リットル

また、アトランタ最大のソーダ水の王と呼ばれる「ベネブル」の店で扱われその名は一気に知れ渡る。

売上額50ドルに対して46ドルの宣伝広告費

ペンバートン博士&ジェイコブス・ファーマシー


ソーダファウンテン

1887年
明治20年
アトランタ市の薬種業者エイサ・G・キャンドラーが、ペンバートン博士から コカ・コーラに関する製造販売権利を買取る

1888年
明治21年

※未確認情報
8月16日、ジョン S. ペンバートン博士死去
(ジョージア州コロンバスのリンウッドの墓地にあるペンバートンの墓には、彼の偉業を賛え礼を尽くして鎮魂のために"ORIGINATOR OF COCA-COLA"(コカ・コーラの創始者)との墓銘碑が刻まれている)


1891年
明治24年

1892年
明治25年
エイサ・G・キャンドラー氏により1月:The Coca-Cola Company設立

キャッチフレーズとして「Delicious and Refreshing」 (おいしく、さわやか)を初めて採用(初代社長キャンドラー提案)

積極的な宣伝広告とルートセールスの採用によりコカコーラをボトルに詰めさせてボトラー制を築く。

1893年
明治26年
1886年以来採用してきた「Coca-Cola」の商標登録を合衆国特許局に登録、
以後必要年度に登録更新を行う

1894年
明治27年
ミシシッピー州ビックスバーグに住むジョセフ A. ビーデンハーンにより、
初めてコカ・コーラの瓶詰めが行われる。
ビー玉で栓をする「ハチンソン・ボトル」
この瓶詰めはファウンテン・シロップを用い、
販売はビックスバーグ地区に限定された

1896年
明治29年
コカ・コーラを模倣する業者が現れる。似せた商品の数は7,000種類以上に上る。
個人や団体から金銭目当てによるクレーム攻撃を受ける

1899年
明治32年
ザ・コカ・コーラ カンパニーは合衆国大陸部のほとんど全地域にわたる

コカ・コーラの瓶詰め、ならびにその販売を行う権利を、テネシー州チャタヌーガ在住の ベンジャミン F. トーマスとジョセフ B. ホワイトヘッドに与える。
これによって大規模なコカ・コーラのボトリングが可能となる
1900年代
明治33年
王冠で栓をするボトル「ストレート・サイド・ボトル」に使用が変更されはじめる。

1904年
明治37年

コカ・コーラの年間販売量が100万ガロン台に達する
(25ガロンで約95リットル)
ガロンとは、ヤードポンド法による液体の体積の単位


1905年
明治38年
コカコーラに似せた商品の数は7,000種類以上に上る。

1906年
明治39年
広告費は50万ドルに達成。

1913年
大正2年
米コカコーラ・ボトラーズ協会の結成

1914年
大正3年


日本に初めてコカコーラが輸入されたらしい(大正時代)

高村光太郎の詩集「道程」に収録された「狂者の詩」の中に「コカコオラ」の名が現れる
「吹いてこい、吹いてこい
秩父おろしの寒い風
(中略)
コカコオラ、THANK YOU
VERY MUCH
銀座ニ丁目三丁目それから尾張町
(中略)
しんみに己に意見する気だ
コカコオラもう一杯   (後略)」


1915年
大正4年

現在、世界中で使われているスタンダード・ボトルがインディアナ州ティアハウスの ルート硝子会社員、アレキサンダー サミュエルソンによってデザインされる

1916年
大正5年
類似を防止する為からオリジナルのボトル(コンツァーボトル)を開発、特許登録

日本で明治屋から始めてコカ・コーラの発売が開始される

1915年
大正4年
1日に300万本の売り上げを達成

1920年
大正9年
コカ・コーラの愛称「Coke」が認められる

1921年
大正10年
全ボトラー参集による初めてのボトラー総会が、アトランタ市で開かれる

1923年
大正12年
商標を守る為コカコーラ法律手引書を作成

1924年
大正13年
運びやすいように瓶を6本で一まとめにしたカートン販売を開始。家庭に広く普及

1928年
昭和3年
5代目社長は「いつでも どこでも 誰にでも」をセールスマンきょういく「」コカ・コーラの歴史がはじまって以来、瓶詰めCokeの生産量が、 ソーダ・ファウンテンでの販売量を初めて超える

1929年
昭和4年
キャッチフレーズ「The Pause That Refreshes」
(さわやかな、いこいのひととき)を初めて採用
コールド・ボトル・マーケット用横型のアイス・クーラーを開発

1930年
昭和5年

The Coca-cola Export Corporation(C.C.E.C)(ザ・コカ・コーラ エクスポート・コーポレーション)創設
同社は ザ・コカ・コーラ カンパニーの子会社で、合衆国、カナダおよび
キューバを除く世界各国でコカ・コーラを発売する目的で設立される

ボトラー向けとして、最初の自動冷却式クーラーを開発
これにより、コールド・ボトルのサービスが一段と向上することになった


1935年
昭和10年
硬貨式の自動販売機が採用されはじめる??

海外におけるコカ・コーラの販売地域は、70カ国におよぶ

1937年
昭和12年
米ザ・ベンドカンパニー社によって開発された「レッド・トップ」という自販機が最初で、アメリカ各地で積極的に利用されました。
1937年
昭和12年

1944年
昭和29年
コカ・コーラのシロップ生産量が10億ガロンに達する

1945年
昭和20年

8月、アメリカ合衆国に商標名「Coke」を商標登録


1947年
昭和22年
「日本のコカコーラ事業の父」小網商店の高梨仁三郎社長は
日本の問屋制度に矛盾を感じている折に
米コカコーラのFC(フランチャイズ)制に魅せられ
日本でのコカコーラ販売を決意。
だが、日本での販売には2つの問題。
まず、米コカコーラらかFC制の承認を得る。
のと、コカコーラの原料を輸入する事。
輸入する為には日本政府から外貨割当を得ることだが関係業界から反対運動などもあり国会で議論されるほど困難であった。

1953年
昭和28年
コカ・コーラのシロップ生産量が20億ガロンに達する

1955年
昭和30年

従来のレギュラー・サイズに加えて、キング・サイズならびに
ファミリー・サイズ・ボトルが開発される

プレミックス機の生産、使用をはじめる

缶入りコカ・コーラを初めて製造。販売は、極東のアメリカ軍に限定

イタリア、ナポリのボトラーが、新しい清涼飲料「Fanta」オレンジを初めて製造販売する


1956年
昭和31年
11月:高梨仁三郎氏の熱意により構想より9年で日本ではじめて東京飲料株式会社(後の東京コカ・コーラ ボトリング株式会社)設立
日本初の正規販売店として在留米軍と一部の民間に販売開始。

1957年
昭和32年
3月:初めて日本人の手により製造販売の業務が開始される。日本初の東京コカコーラボトリングから米軍へ納品される。

5月8日:東京コカコーラボトリングが民間用コカコーラを発売。
(農水省認可の大阪、名古屋等の大都市を含む96ヵ所で)
発売価格は35円(内、瓶代15円)

6月25日:日本飲料工業株式会社設立(後の日本コカ・コーラ株式会社)

9月:米軍の要請でファミリーサイズ(1PT.、26オンス・770ml.)を発売
(不振の為翌年8月に販売中止・販売数285ケース)

1958年
昭和33年

3月15日:日本飲料工業株式会社から日本コカ・コーラ株式会社と社名変更

4月:東京コカ・コーラ ボトリング株式会社で、
ファンタ(オレンジ、グレープ、クラブ・ソーダ)の製造販売を米軍+民家用に開

7月:瓶代を15から10円に改訂した。

12月:在日外国人および外人観光客に対するコカ・コーラの販売許可が、農林省から出される


1959年
昭和34年
コカ・コーラのシロップ生産量が30億ガロン台に突入

小・中・高校にコカコーラの大量サンプリングを無料で開始

1960年
昭和35年

9月、近畿飲料株式会社を大阪市に設立(後の近畿コカ・コーラ ボトリング 株式会社)

12月、北九州コカ・コーラ ボトリング 株式会社設立


1961年
昭和36年

新飲料スプライトの販売開始

4月、コカ・コーラのマス・メディアによる広告活動が開始される

5月、中京コカ・コーラ ボトリング 株式会社設立

7月10日:富士コカ・コーラ ボトリング 株式会社設立

10月、コカ・コーラの原材料輸入に関するあらゆる制限が撤廃 また、販売箇所、広告活動などの諸制限もすべて廃止される


1962年
昭和37年

1月:近畿飲料株式会社から近畿コカ・コーラ ボトリング 株式会社に社名変更

2月、利根コカ・コーラ ボトリング 株式会社設立

6月、長野コカ・コーラ ボトリング、仙台コカ・コーラ ボトリング、
   北陸コカ・コーラ ボトリング 株式会社設立

8月、南九州コカ・コーラ ボトリング 株式会社設立

10月、みちのくコカ・コーラ ボトリング 株式会社設立

   「スカッとさわやかコカ・コーラ」のCMがラジオで放送され、全国に広まる

12月、三笠コカ・コーラ ボトリング 株式会社設立

キャッチ・フレーズ「Things Go Better With Coke」(すべてはコークでうまくいく)を採用

アメリカのザ・ベンドカンパニー社と三菱重工との技術提携により国産初の壜詰飲料用自販機が生産され、第1号機が東京コカコーラボトリングに納入され港区の婦人画報社に設置されました。


1963年
昭和38年

1月、四国コカ・コーラ ボトリング、山陽コカ・コーラボトリング、
   北海道コカ・コーラ株式会社設立

8月、三国コカ・コーラ ボトリング 株式会社設立

プル・トップ型の缶および王冠が使用され始める


1964年
昭和38年

10月、東京オリンピック大会開催
    コカ・コーラ ボトラーは、コカ・コーラのオリンピックに対する伝統的な
    協力態勢にのっとり、連合してオリンピック大会に対する各種の協力を行う

日本国内16ボトラ−が東京五輪記念無料試飲キャンペーン

12月に“東京・長野・三国・利根コカ・コーラホーム・サイズ(500ml)を“ペプシに負けるな”と緊急に発売
大々的にテレビCMを流す。


1965年
昭和40年
3月東京コカは早々に自前のラインを導入し、その後500mlを猛烈に販売

8月:缶入りコカ・コーラ(250ml.)登場(この時はオープナーがついていて、飲み口と空気口の2ヵ所の穴を開けて飲む)
1965-66Bottle Diamond CAN(JAPAN)with Opener

“ホーム・サイズ500ml・日本全国発売”は、丸1年後の1965年の12月です。
(北海道は66年、沖縄は67年発売)

コカ・コーラの消費量が日本の清涼飲料シェア第1位

1966年
昭和41年

2月、近畿コカ・コーラ ボトリング株式会社が美原に建設した第2工場に、
   1分間750本のビン詰能力(当時世界最高)の機械を設置

4月、コカ・コーラ ボトラーズ育英資金制度発足
北海道コカコーラボトリングでホーム・サイズ500ml発売開始

6月:缶の開け方をリングトップ方式採用

”コークと呼ぼう、コカコーラ”キャンペーン開始
コカコーラのCMに「ジミー時田」


1967年
昭和42年

缶入りファンタ(350ml)登場

コカコーラボトラーズ協会設立

コカコーラのCMに加山雄三・広告代理店は博報堂


1968年
昭和43年
米国で新しいコカコーラのトレードマーク”ニュールック”使用開始


沖縄コカ・コーラ ボトリング株式会社設立、日本で17番目のボトラーとなる

コカコーラ「ミニボトル・プレゼント」実施

コカコーラのCMにフォーリーブス

1969年
昭和44年

PR誌「爽」創刊

コカコーラのCMにピンキーとキラーズ、ワイルドワンズ

1970年
昭和45年
「こんにちは、美しい日本(Keep Japan Beautiful)」運動
(KJB運動)を開始

1971年
昭和46年

トレードマークが円形(ディスク)から長方形(スクエア)「ニュールック」が日本でも使用される

スプライト瓶(200ml.)発売開始

7月17日:ホームサイズ(500ml.)が破瓶問題で一時発売を中止


1972年
昭和47年
1月:ホームサイズ(500ml.)発売再開

コカコーラとスプライトを350ml.缶で新発売(70円)

”コークの世界”CMを放送

1973年
昭和48年
コカコーラレギュラーサイズ(190ml.)を35円から40円に値上げ

HI−C(255gおよび510g缶)発売開始

ドクターペッパーを東京コカがフランチャイズで発売開始
(※2002年現在、東京・富士・三国・利根・沖縄の5ボトラーズで発売されている。)

1974年
昭和49年

※石油ショックとインフレが世界をおそう

9月:コカ・コーラレギュラーサイズ(190ml.)を40円で販売していたが50円に値上げ
同時にホームサイズ(500ml.)70円を90円に値上げ

コカ・コーラ 1リットル・サイズ発売開始(150円と瓶代30円)(12月/長野コカ)


1975年
昭和50年
コーヒー飲料、ジョージア250ml.発売開始(100円)

1976年
昭和51年
東京でコカコーラ300ml.瓶を60円で長野で350ml.を瓶を発売

10月:“Come on in.Coke”キャンペーン開始

1977年
昭和52年
東京、北海道、みちのく他でコカ・コーラ 1リットル・サイズ瓶150円で発売

1980年
昭和55年
モスクワ オリンピック大会での公式飲料として、コカ・コーラが認められる



4月:コカコーラ・レギュラーサイズ(190ml.)を50円で販売していたが60円に値上げ
同時にホームサイズ(500ml.)90円を100円に値上げ

三国コカでコカ・コーラ500ml缶発売

1981年
昭和56年

4月:中国で始めてのコカ・コーラボトリング工場が北京に完成


東京コカ・コーラ25周年記念復刻型300ml ボトルを100円で発売
他に2本紙箱入り、6本紙箱入り、24本木製化粧箱入り7500円を予約発売
栄養飲料 リアルゴールド、乳性炭酸飲料・アンバサ発売開始
コカコーラ500ml缶全国で発売
4月、“Yes,Coke Yes”キャンペーン開始
赤いだるま型コカコーラ「スーパー300ボトル」富士コカで発売開始100円


1982年
昭和57年
米国でダイエット・コークが売り出される。

「コカ・コーラスーパー300ボトル」(ダルマ型)全国で100円にて発売

利根コカ、20周年記念復刻型300ml ボトル発売

3月、コカ・コーラ1.5リットルサイズ瓶、東京コカ地域で限定発売

三国コカがコカ・コーラ1.5リットルサイズ・ペット(PET)ボトルを300円で新発売
1983年
昭和58年
コカ・コーラ1.5リットルサイズ・ペットボトル全国発売
5月、アクエリアス
6月、メロウイエロー(スーパー300ボトル)発売

1984年
昭和59年
低カロリー飲料 コカ・コーラ ライト(1kcal未満)(スーパー300瓶)100円で発売開始

1985年
昭和60年

”Coke is it!”キャンペーン開始

ソ連においてコカコーラ発売開始

史上初の「スペース(宇宙用)缶」を開発し、スペースシャトルに乗ったコカ・コーラ


チェリー・コーク(スーパー300ボトル)関東4地区で発売



1986年
昭和61年
ザ・コカ・コーラ カンパニー100周年記念祭をアトランタで挙行

100周年祝賀パーティー開催−東京、高輪で挙行
スーパー300だるまボトルが100周年を記念して50円引きで発売
チェリー・コーク全国で発売(99年ぶりにコークの味を変更)

1987年
昭和62年
、“I Feel Coke!”キャンペーン開始 、トレードマークが波ライン「コンツール・カーブ」入りの四角いデザインに「スカッと爽やか」から「爽やかテイスティ」に変更

「コカ・コーラ200ml」入り瓶、富士コカと東京コカ地区限定でテスト販売

190ml レギュラーサイズに赤ラベル新登場

チェリー・コーク販売終了

日本コカ・コーラ社(株)創立30周年
1988年
昭和63年
I Feel Coke&Sound Specialプレゼントキャンペーン開始
プルトップを集めて応募すると、抽選でテレフォンカードかビデオ・テープが当たるという販促企画でプレゼント

1989年
平成元年
「コカ・コーラミディ500」みちのくコカで発売

コカ・コーラ ライト新フォーミュラで再発売

1990年
平成2年
「ワールド・オブ・コカコーラ」をアトランタに開設。

1991年
平成3年
平成3年、コカ・コーラ(リフレッシュボトル)300ml発売

1992年
平成4年
カフェインフリー・ダイエットコーク発売

年末、300mlリフレッシュボトルにサンタクロース・イラストボトル4種類発売

缶コカコーラ(250・350ml.)の販売価格が110円に値上げ

1993年
平成5年
”Always Coca−Cola”キャンペーン世界同時スタート

3月、透明コーラ、「タブ・クリア」350ml缶新発売、富士、三国コカ他

アトランタ五輪記念250mlボトル4種類、三笠、中京コカ他で発売

1994年
平成6年
70円試飲ワンウエーボトル250m発売、三国コカ他

全世界の清涼飲料水販売量において過去最高の46%のシェアをしめる

銀座に世界最大のコカ・コーラのネオンサインを設置

1995年
平成7年
ジョージア[ゾット]登場
ジョージア「やすらぎパーカー」プレゼント

「1リットルおかえりボトル」5代目1000ml リターナブル
(再使用)ガラス瓶が復活、 山陽コカが発売。240円で50円戻る

10月2日
コカ・コーラ ナショナル セールス株式会社設立
大手ナショナルチェーンのスーパーマーケット・コンビニエンスストア向けにコカ・コーラ社商品の販売を全国15社のコカ・コーラボトラーにかわり営業活動を行っています。

1996年
平成8年

アトランタにてオリンピック開催。

オリンピックチャレンジプレゼントプロモーションスタート。金メダルコース(8万円相当)・銀メダルコース(4万円相当)・銅メダルコース(1万相当)があたる。

ジョージア「がんばってコート」プレゼント。

5月、仙台コカ・コーラにて関係者限定で「蔵王工場落成記念ボトル」贈られた。

1997年
平成9年
Enjoy Summer '79「夏組グッズ」プレゼントプロモーションスタート。夏を満喫するアウトドアセットやアウトドアCDラジカセなどが当たる。募集期間は7/1から8/31

長野プレゼント。


1998年
平成10年
スカッと冷ポーラーベアグッズプレゼントプロモーション。
自販機で当たり缶がたて当たる!ポーラベアグッズ!

長野五輪記念コカ・コーラ190ml、JR松本駅や会場で発売、
この年のキャンペーンで当選者の名前入り空ボトルが当たった

4月15日、東京ディズニーランド開園15周年記念ボトルを3000本キャストに配布

1999年
平成11年
7月:コカ・コーラウエストジャパン株式会社誕生(陽コカ・コーラボトリング株式会社と北九州コカ・コーラボトリング株式会社が合併)
は合併し、コカ・コーラウエストジャパン株式会社
地域:中国地区5県(広島、岡山、山口、島根、鳥取)及び北部九州3県(福岡、佐賀、長崎)


コカ・コーラタッチ ザ グローブ ライブ2000プレゼントプロモーション。小室哲也ファミリーの「globe」が全国5箇所でクラブ感覚のコンサートを開催。6000組1万2000名にチケットを抽選にてプレゼント。

11月:福岡ドーム関係者限定で福岡ダイエーホークスV1優勝記念ボトルを配付

12月:ミレニアム(2000年)記念復刻型300mlボトル、300円で全国発売

創業から1999年まで    2000年からの歴史

※この情報は各コカコーラボトラーや本などの情報を元編集されています。
※この情報を元でのトラブル等は一切関知いたしません。

Copyright (C) Yoshi 1996-2004