透析治療

私が体験した透析治療について紹介します。一部手術後などの写真が掲載されていますので心臓の弱い方や食事中などの方は気おつけてください
血液透析HD(Hemo dialysis)と腹膜透析PD(Peritoneal dialysis)
血液透析はシャントという動脈と静脈をつないで静脈を動脈化して2本の針を刺し血液をダイアライザーというろ過装置に血液を流し毒素や水分を取り除き毒素「クレアチニンや尿素窒素」を抑えます。標準治療法として一回4時間の週3回が標準的です。採血や貧血の注射であるエポジンやエスポといった注射を透析中にできるので痛みが少ないです。時間の束縛と針を刺す痛みが大変です。食事制限は少し緩和されますが腹膜透析の方が緩和されます。病院にいつも行くので病気など早期発見できる点ではいいと思います。

腹膜透析はお腹の腹膜に透析液をいれ一日4回4時間おきぐらいに自分で交換をして行う治療法です。手術は比較的簡単ですがお腹から透析液を入れる管が2本でていて入浴など制限があります。病院通いは1ヶ月に1回程度で透析液があればどこでも行動ができ旅行ができます。血液透析に比べこちらのほうが時間制限や食事制限が緩和されます。

どちらも短所長所ありますが、自分にあったほうを選びましょう。私は腹膜透析をしたかったのですが下痢を長くしていて大腸に炎症などがありできませんでした。時間制限などもそうなのですが、体にとって見れば頻繁に毒素を抜くので腹膜透析がお勧めです。
治療のために必要なもの
前で述べたように血液透析には手首の動脈と静脈をつなぐ手術が必要ですが、外来でも手術ができるもので時間も1時間すみます。シャントを大切に守っていかないとまた再手術になることがあり、手首を圧迫することはないようにします。抜糸には1週間かかります。その後1週間ぐらいして十分な血流流があれば透析を行うことができます。透析導入の2週間前にはシャントの手術をしなければなりません。緊急の場合は首か足の付け根の動脈にカテーテルみたいなチューブを刺しそこから透析をするみたいです。

腹膜透析はおなかに二本のチューブが出ています。チューブをおなかに埋める手術を行います。こちらも比較的簡単な手術です。
お金に関する話
透析を週三回4時間するとかなりの医療費がかかります。それを国が負担してくれる制度で「特定療養手当」がありこれは人工腎臓にかかる費用を一ヶ月1施設に対し自己負担額を1万円まででいいという制度で私の場合は社会保険なので社会保険庁に申請を出しました。同じ月に手術をして透析をしてしまえばかなり安くなります。入院の場合は食費は助成の対象外です。たとえば一ヶ月に透析病院で透析をして院外処方をもらうとすると病院と薬局に1万円ずつ計2万円で腎臓に関する治療費がすみます。歯医者や耳鼻科など腎臓以外ははこの制度の対象外なので通常の自己負担額を請求されます。

基本的に治る見込みがなくクレアチニン8以上は一級障害者の範囲になるのでこの場合はどの科に掛かっても助成されますが医師の方からそろそろ手帳を請求などの話は出ないので自分から医師に相談することになります。
透析患者の合併症
不均衡症候群、心不全、高血圧、低血圧、消化器系障害、貧血、感染症、免疫機能低下、脂質代謝異常、腎性骨異栄養症、精神神経症状、性機能障害、不明熱など
生存率
透析治療がある前は腎臓病は不治の病で必ず死が来るといわれ一昔前は透析に掛かる莫大な医療費を苦に自殺をする人が多くいたようですが現在は保険制度や助成などによりほとんどの患者が透析をできるようになりました。
2003年の統計では一年生存率は84%、5年生存率は58%、10年生存率は39%と言われていますが高齢者が多いので年齢によりかなり違うみたいです。
おわり


写真
シャントの手術写真

企画制作:YOSHI ご意見ご感想をお気軽にお寄せください。 y424@big.jp
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。